Bytes - 戦略

このページは、ポッドキャスト番組Bytesを個人的にまとめたものです。

Bytesで紹介された記事を24カテゴリ+Otherに分類しています。このページは「戦略」の記事一覧です。

Bytes Categories
Bytes #162
  • 本社があるフランスの合意が必要なので延期になる可能性もある
  • Snap Mapと競合するため、売却せずにシャットダウンしたのかもしれない
  • 今後、ZenlyからSnapchatへ移行させたいのかもしれない
Bytes #158
  • プロトコルとして運営するべき
  • 政府や会社がコントロールできないものにしたい
  • 今後は分散型SNS`Bluesky`にフォーカスしていくか
Bytes #156
  • 9countがSNSアプリWinkやデートアプリSummerなどをローンチ
  • 複数アプリを作る戦略はbytedanceからの応用か
Bytes #143
  • スナック事業、カリブ海地域のCR事業、植物性代替肉の事業
  • 主にスナック事業にフォーカスする目的か
  • 他社でもコングロマリットを分割する動きがある
Bytes #126
  • - 新しい従業員用のパソコンのキッティング
  • - 閲覧権限の管理
  • - ワンクリックでセットアップできるサービス
  • - **パーカー・コンラッド**
  • - HR系の連続起業家
  • - 2013年にはZenefitsを起業、時価総額$4.5Bまでいくも法律の問題でうまくいかず
  • - その後Ripplingを起業、時価総額$6.5Bまで成長
  • - 1000人の社員を面接
  • - 従業員が1000人くらいいる
  • - パーカー・コンラッドさん自ら全員と面接をしている
  • - Ripplingのプロダクト戦略
  • - バンドル化したプロダクトを提供
  • - 複数のプロダクトをパッケージして売る
  • - 肩書
  • - パーカー・コンラッドさんはCEOなのに、肩書はカスタマー・サポート
  • - 自ら現場の声を聴いて、プロダクト改善をするスタンス
  • - オフィス内のデスクも、プロダクトとエンジニアの間にいる
  • - アシスタントがいないので自由にスケジューリングができる
  • - プロダクト
  • - 四半期ごとに新しいプロダクトをローンチする
  • - プロダクトごとにGMとエンジニアがいて、ひとつの組織として動く
  • - **50人の起業家**
  • - Rippling内に50人の起業家がいる
  • - 各プロダクトが一組織として別々に動けるカルチャー
  • - **マイクロソフト対抗**
  • - 各プロダクトチームが自由度を持ちながら動いて、それらをバンドルして提供する戦略は、マイクロソフトを倒しに行く戦略にも思える
  • - 忙しそう
  • - 1000人の面談もしてアシスタントも不在でカスタマーサポートもやっている
  • - 代表の方がプロダクトも見ているのはひとつのいい方法
  • - CEOがプロダクトへこれだけフォーカスしているのは、Ripplingが成長したひとつの理由でもある
Bytes #125
  • 概要:Tencent配下の会社
  • ├時価総額は$11B、従業員数は340名
  • ├一人当たりの価値提供は$30M
  • ├この数字はAppleの$18Mをはるかに超えている
  • さかさまな組織構成:
  • ├Supercellは、名前の通りちいさい細胞のようなチームをたくさん作る組織を目指す
  • ├この小さなチーム内で、どんなゲームの開発をしてもよい
  • ├CEOや経営者からNGは出さないし、こういうゲームを出せ、という指示もしない
  • ├集権化されたプロセスをなくす
  • 経営者の役割
  • ├目標は、いちばん弱いCEOになること
  • ├トップダウンではないストラクチャーが重要
  • ├経営者の役割は人材のディストリビューションを考えること
  • ├いいチームが揃ったら、それを解散させる
  • ├そしてほかのチームにそのカルチャーを持っていく
  • ├そこの学びをどうやって加速させて会社全体に根付かせるかが、経営者の役割
  • 課題
  • ├担当ゲームがスケールすると、少人数では対応しにくくなる
  • ├競合に比べてコンテンツ量が少ない
  • このため、組織コンセプトは保ちつつ、大きなチーム(20人~35人)も作っている
Bytes #124
  • 概要:時価総額ベースで世界一評価が高いスタートアップ
  • ├広告売上の60%はDouyin。TikTokの割合は少ない。
  • 体制:Shared Service Platform(SSP)がビジネス、営業、技術、オペレーションを集権化
  • ├SSPは各アプリチームにアルゴリズムや運用業務を提供、アプリチームはプロダクトに専念する体制
  • ├Toutiao、Douin、TikTokは同じアルゴリズムを使う
  • ├アルゴリズムをアプリごとに開発しなくてもよく、プロダクトチームは少人数にできる
  • 複数のプロダクトを同時に出す
  • ├2015年には海外市場で20以上のアプリをテスト
  • ├2018年から2020年のあいだに140アプリをローンチ
  • ├競合する自社アプリをいくつも出して、いいものを残すスタイル
Bytes #110
  • LEGOが90周年を迎える
  • 家族経営、創業者の孫が経営
  • 1999年、StarWarsとのコラボがひとつの転機だった
  • サプライチェーン、AR、ファッションコラボ、教育など多角的
Bytes #108
  • マーケットプレイスについての調査記事。
  • 扱う商材によっても変わってくる。
  • 手数料のみのモデルが最も多い。買い手も売り手もチャージするケースもある。
  • より、カテゴリ特価、バーチカル化が進んでいる。

Bytes - 戦略

Bytes

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。