Bytes - NFT・Crypto

このページは、ポッドキャスト番組Bytesを個人的にまとめたものです。

Bytesで紹介された記事を24カテゴリ+Otherに分類しています。このページは「NFT・Crypto」の記事一覧です。

Bytes Categories
Bytes #142
  • テックとカルチャーが融合したイベント
  • 参加登録者数は14,000人
  • NYが仮想通貨やブロックチェーンの中心地に
Bytes #115
  • 所有しているアバターなら商用利用OK
  • 個人でもコラボカフェが展開できる
  • 初めてのApeCoinが使えるお店でもある
Bytes #106
  • 3年ぶりのリアル開催。
  • Doodlesのブースが最も列が長かった。
  • NFT所有者は限定グッズ購入ができるなど特典あり。
  • NFTとコマースとイベントを掛け合わせて盛り上がった事例。
Bytes #103
  • TYB(TryYourBest)はコミュニティオーナーシップ型のブランド。
  • ブランドに貢献したメンバーはアップサイドがもらえる仕組みを提供。
Bytes #100
  • FWBはDAOのひとつ。
  • Friend With Benefit。
  • オンラインのソーシャルクラブ。6千人。
  • トークン購入する必要がある。グローバルメンバーシップ。
Bytes #93
  • 毎年行われるイベント。クリプト企業も4社がCMを出した。
  • 米国の1.1億人が見るイベント。
  • 30秒あたり$7Mという広告費。
  • CoinbaseのCMは、QRコードが漂うだけのシンプルな動画。
  • アクセスすると$15ぶんのビットコインがもらえる。
  • 60秒放映で$14Mかけたが動画製作費はほぼゼロ。
  • ビットコインプレゼント分と広告出稿料あわせて、およそ$17M。
  • 1分間で2000万人のアクセス。
  • coinbaseの売上は1ユーザーあたり$400/年とされるので、5万人の新規登録があればペイできる。
  • 今回の枠は1.1億人が見るので、0.04%が登録すれば$17Mが戻ってくる計算。
  • 結果、株価だけでも1000億ぶんあがった。
Bytes #84
  • フィットネス*トークン*NFTスニーカー。
  • スニーカーによってランニング時間の制限がある。
  • 今のところ、10分走って$20くらいもらえるが、NFTスニーカーの購入として初期費用はかかる。

Bytes - NFT・Crypto

Bytes

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。