Off Topic #110
イーロン・マスク、Twitter買収提案 Part1:何が起きてる?/ポイズンピル事例/Twitterの価値- Off Topic #110

2022-04-18 Mon.

このページは、ポッドキャスト番組Off Topicを個人的にまとめたページです。

Summary

  • 要点の箇条書き
    - **買収まとめ、何が起きてるのか?**
    - イーロン・マスクが買収の意思表明をしたレター
    - 数日前に外部取締役に就任しそうになっていたのに
    - もし買収オファーを断ったら、持ち株9.2%を売る
    - 9%持っているとすぐに売ることができる
    - イーロン・マスクが提示した株価は妥当か?
    - **$54.2**
    - 今の株価から20%くらい上
    - 去年のピーク時は$77だった
    - 比較すると、Twitterは**$43B**、売り上げの7~8倍
    - Snapchatは10倍、Alphabetは5.3倍、Meta、Pinterestは5倍
    - 割と妥当な金額
    - オファーを検討しなければいけない金額
    - イーロン・マスクの買収に対しての市場の期待値
    - 今現在(2022/4/18)の株価は変わっていない
    - これで買収の実現性が分かる
    - **実現性が高ければ、株価は提示額である$54.2に近づく**
    - たとえば今Activisionの株価は、Microsoftの提示額より下がっている。
    - Twitterの取締役が買収を却下するものと見られている
    - どこまで本気なの!イーロン
    - 買収の話が急に決まった
    - 本気でTwitter買収するなら、外部取締役をいったんAcceptしているのはなぜか?
    - 取締役だと株式を15%以上持てないことを知らなかった?
    - 詳細な買収プランは持っていなさそう
    - ポイズン・ピルの発動もわかっていたのでは?
    - どこからお金出すの?
    - TwitterがOKだったらどうやって残りの$43Bを払うか
    - ひとつは、TeslaやSpaceXの株を売ることだが、これはありえない。
    - Tesla株を担保にして借り入れはできる
    - 借り入れをする税金対策もある
    - この方法であれば、**$20B**くらい借入できる
    - そのほかは外部から集める
    - ByteDanceがUS事業の売却検討でVCが買収
    - 今回の場合、ひとつ問題がある
    - イーロン・マスクがTEDのインタビューで言ったこととVCのインセンティブが揃わない
    - 「Twitterのエコノミクスはどうでもいい」
    - **もしいまと同じでいい、というならリターンが出ないのでVCはお金を出さないのでは**
    - イーロン・マスクが本気なのかどうか
    - 株を持ってる人は誰か?重要人物は誰?
    - Twitterの特徴として、大株主が少ない
    - ヴァンガード・グループというファンドが10%
    - 次にイーロン・マスク
    - モルガン・スタンレー
    - 個人だとジャック・ドーシー
    - ジャック・ドーシー追い出しで和解へ持っていった人
    - キープレイヤーは**ジャック・ドーシー**
    - ファウンダーであり、役員であり、影響力がある
    - イーロン・マスク、パラグ・アグラワルのどちらにつくのか?
    - **イーゴン・ダーバン**(Silver LakeのCo-CEO)
    - ElliottとTwitterの間に入って出資して、役員になった
    - TwitterとElliottの間にはいったホワイトナイトの立ち位置だった
    - 今回も同じ動きをしてくれるかも?
    - ただし、Silver Lakeは5%以上の取得はできない
    - また、イーロン・マスクとも仲が良い
    - **ジェシー・コーン**(Elliott Management)
    - Twitter取締役を辞任
    - いまは4%もっている。
    - 7%以上持たないという提携は切れたので、イーロン・マスク側について、投資することは可能
    - **ブレット・テイラー**(Salesforce)
    - Twitterの会長
    - Twitter社の選択
    - イーロン・マスクのオファーに合意する
    - 却下する
    - 株主へ説明が必要になる
    - 他の売却先を探す
    - もっとよいオファーがあるかどうか
    - 株価、事業シナジーなど適した売却先を検討する
    - **ポイズンピル**発動!(名前が怖い)
    - 毒薬
    - 敵対的買収を避けるための防御
    - 所有率の低い株主に対して新株を発行、ディスカウントしてオファーする
    - 大株主の持っている株の価値を相対的に弱める
    - Twitter株15%未満の株主に対して、50%の価格で新株をオファー
    - もし誰かが15%以上の保有をした場合に限る
    - イーロン・マスクが大量に株式を買ったとしても、その半分の価格で対抗できることになる
    - 理論上、イーロン・マスクは$86B必要になる
    - ポイズンピルは来年の4月まで有効
    - ポイズンピルは、敵対的買収を避けるには非常にいい戦略
    - もし発動されたらどうなるか
    - Twitter株15%未満の株主にとっては、半額で購入をしないと持ち株が希薄化する。
    - 既存の株主からすると、ダウンサイドもある
    - **ポイズンピルの事例**を紹介するよ〜Netflix・ピザチェーン「Papa John’s」・マクドナルド〜
    - Netflix 2012年
    - カール・アイカン がNetflixはMicrosoftかAmazonに売却するべきという主張で、株式を購入した
    - これに対して、個人が10%以上持った場合に発動
    - 結果、カール・アイカンはそれ以上買わなかった
    - Papa John’s 2018年
    - 創業者・会長が30%持っていたが、差別的発言で退任した
    - その後、また会長へ戻ろうとした
    - ここでポイズン・ピルを使った
    - マクドナルド 1985年
    - フィリップ・モリスが買収しようとしたときに、ポイズン・ピルを使った
    - **敵対的買収の成功率**は?
    - 1997-2002年のうち、200件の敵対的買収があった
    - 3-4割が買収失敗
    - 2-3割がホワイトナイトを見つけた
    - 2-3割が買収成功
    - 54.2ドルの正当性
    - Twitter取締役が考えるべきは株主にとって、いいバリューなのか?
    - 株主からしたら、今後株価が上がるのであれば、イーロン・マスクに売却したほうが良い
    - Twitter社が良いプロダクトを提供するかどうか、ではない。
    - Twitter取締役は、今後のロードマップを見せる必要がある
    - 株価が上がらないTwitter
    - 上場時の株価と今の株価がほぼ伸びていない
    - プロダクトは評価されているが
    - なので**Twitter取締役は(イーロン・マスクより)我々を信じてくれ、とは言いにくい**状況
    - ただ、2019年から徐々に伸びてはいる
    - 取締役会の課題
    - この買収オファーについて、いまの取締役陣が判断するべきなのか?
    - Twitterの今後の戦略は?

Comment

memofleet

  • 2022-04-23 Sat.

Off Topic 110回のまとめ。
イーロン・マスクのTwitter買収について。まずはPart1を作りました。

確かにマスク氏ならもっとスケールさせるかもしれないけど、あまり変わってほしくないとも思います。

イーロン・マスク、Twitter買収提案 Part1:何が起きてる?/ポイズンピル事例/Twitterの価値- Off Topic #110

Off Topic #110
Original : 2022-04-18 Mon.
memofleet : 2022-04-23 Sat.

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。