Off Topic #113
メタバースの相互運用性の課題を考えてみる- Off Topic #113

2022-05-12 Thu.

このページは、ポッドキャスト番組Off Topicを個人的にまとめたページです。

Summary

  • 要点の箇条書き
    - GWなにした?スパイファミリー
    - **「メタバース」という言葉が利用された回数**
    - **Bloomberg Terminal**でのメンション回数
    - 2020年まで 10回くらい
    - 2021年 1000件以上
    - 「メタバース」関連の商標の登録も4倍
    - 「Facebook -> Meta」の影響は大きい
    - AmazonのARプロダクト開発、GoogleのVR開発なども

    - メタバース検索ボリューム減少
    - Google Trendではメタバース検索が下がり始めた
    - 企業側のメタバース連呼に対して、ユーザー体験が伴っていない
    - メタバースはもうあるのか?これからなのか?わからない。

    - **“メタバースは来てるのか?“という問い**
    - ビル・ゲイツ Microsoft:メタバースはもう来ている
    - マーク・ザッカーバーグ Meta:5年~10年後
    - ティム・スウィニー Epicgames:10年以上かかる

    - クロスオーバーIP
    - 複数の世界観をつなぐ
    - 総合運用性がどこまであるか
    - Nintendoスマッシュ・ブラザースのような事例はわかりやすい
    - Fortniteのコラボをインフォグラフィックに
    - ファミリー・ガイ
    - スターウォーズのパロディを作成

    - NFT
    - 金銭的、投資対象として見られる傾向がある
    - ゲームアイテムとしてのNFTに対して、投資要素がはいるとユーザーが嫌がる
    - ゲーム中のアクションによって強化される、ステータスが上がるなどのNFT
    - こうした取り組みは大手ゲーム会社よりは、スタートアップが着手しそう

    - 密度問題・アクティブVSパッシブ・互換性
    - メタバースを作るうえでの3つの課題

    - **密度問題**
    - **メタバース来てみたけど人いない…**
    - Fortniteでは同時アクセスユーザーが300万人
    - マインクラフト:280万人~300万人
    - エルデンリング:40万人~100万人
    - ディセントラランドのDAU:2万人、同時アクセスだと2500人くらい
    - みんなで集まりたいので、特定のゲームに集中する
    - ディセントラランドではオンラインポーカーに集まっている
    - 人を集めるのはマーケティングだが、ずっと滞在させるのが課題
    - サンドボックスのメタバース上の土地の価値をどう作るか
    - サンドボックスCEOへのインタビューをした
    - サンドボックスの中の土地はNFT化されている
    - **メタバース内の土地の価値はなにか?**
    - リアルな土地には移動コストがあるからこそ価値が上がる
    - NewYorkにはすぐには行けないからありがたみがある
    - メタバース内の土地間は一瞬で移動できるとしたら、価値はあるのか?
    - サンドボックスの「ポータル」概念
    - 移動するための「駅」のようなもの
    - 特定の場所にしかない
    - ポータルから遠ければ、移動コストが発生する
    - これにより、土地の価値をコントロールしている
    - ポータルから遠いと移動に対して負荷がかかる
    - メインストリートに対して、郊外という概念がでたりするかも
    - 「自然」に囲まれると健康的とか、都市に住むと健康度合が落ちるとか

    - **アクティブVSパッシブ**
    - リアルな世界では
    - 世界のルールはパッシブ(重力とか原子とか、変えられないもの)
    - そのあと、アクティブにルールを作ることも可能
    - バーチャルの世界では
    - 世界のルールはアクティブ(データに対しての意味づけはプラットフォーム側が作る事によって成立する)
    - NFTスニーカーというデータに対して
    - 重さは?
    - 風が吹いたら靴紐は動く?
    - 常に炎が出ているNFTだったら、その温度は?
    - アクセスした世界によって、エフェクトが変わる?
    - すべての要素に対応するならば、新しいタイプのNFTが出るたびにエフェクトを作る?
    - **誰かがルールを決めなければいけないが、どう決めるのか?**
    - 相互運用性を実現するうえで、次々に出てくる新しいNFTに対応するコストも考えると、一定のところで妥協すると思われる
    - 例)マラソンをするエリアに、足の速くなるNFTスニーカーを持ち込んだら、ルール違反にしたい、となれば、そこではデザインは組み込むけど速さのブースト機能はOffにする。
    - こうした判断をプラットフォーム側が行い、それを作らないといけない

    - **所有してるということ**
    - 所有しているNFTを持っていろいろな世界を相互に移動できる
    - ただし、移動先のルールによって使えないものもある
    - リアルな世界でも、銃などはそういう扱いになっている
    - 持っているからと言って、使えない場所もある
    - 見た目(デザインデータ)は適用されるが、機能(ファンクション)は場合による、というのが落としどころか。

    - シュガー・ラッシュオンライン
    - ほかのゲーム世界へ行くときに空港のようなゲートウェイがあって、持ち込み禁止のものがある

    - **EUのメッセージアプリ規制**
    - スマホ用のメッセージプラットフォームをフラット化せよ
    - SMSのように、メッセージアプリ間で相互運用性を、という規制
    - 開発コストがかかる
    - どの機能を取り入れるのか?
    - スタンプはそれぞれの画面でどう表現されるのか?
    - どのアプリでも同じだったら、独自性がなくなるのでは?
    - アプリレイヤーよりは、スマホというハードに対して相互運用性を求めたほうがよいのではないか?
    - 通知機能とか

    - メールクライアントの例
    - メールアドレスは変わらず、メールクライアントを変更できるとしたら
    - スパムの判別がクライアントによって異なる
    - 広告出稿大変では?
    - インターフェースが変わったら、広告の表示条件が変わってしまうのでは?
    - バーチャル世界だと、メールクライアント以上に複雑になってくる
    - これを作り上げるのは大変

    - **互換性**
    - アップデートどうする?
    - 昔は、古いバージョンを捨てて、新しくできた
    - メタバースは常時アクティブな世界なので、止められない
    - 時差もあるので、深夜の停止、もできない
    - アップデートレベルならできるけど、ゼロから変えるのは、世界を止めないといけない
    - アプデ可能な作り方が必要

    - フォワード・コンパチブル・コードエボリューション!!
    - 未来に向けた、互換性のあるコードが求められる

    - **「セカンドライフ」で起きた奇妙なバタフライエフェクト**
    - 2003年ローンチから、いまだに60万人のユーザーがいる
    - DAU 20万人
    - 経済もあって、1600人のセカンドライフユーザーが年間100万円以上稼いでいる
    - フィジックスエンジン(重力などの制御)のアプデに対してバグがあった
    - セカンドライフ内で、馬とエサを売る事業があった
    - アプデによって、馬が餌を食べようとすると転んでしまうバグが起きた
    - これにより、セカンドライフ内の馬が全滅した
    - 馬と餌のビジネスも破綻してしまった
    - メタバースの世界でも、このような事が起きる可能性がある
    - 互換性の課題として

    - **AIによる解決**
    - AIキャラクターを投入することで、密度問題を解決
    - 人間に近しい感じの人を適度に増やす
    - 互換性のテストをAIが行う
    - チェック作業の自動化
    - AIのコンバーターにより、アクティブ・パッシブ問題を解決
    - マインクラフトからフォートナイトへ移動するときに、アイテムのデザインを変更させる
    - いろいろなユースケースで、違うアバターにしたい、としたら、体形に合わせたデザイン変更が必要
    - 人間のアバターから、ドラゴンのアバターにしたときに、着ている服はどうなる?

    - デジタルアセットをスペクトラム・レンジ(range)として見るべき
    - 人間のアバターでも、ドラゴンのアバターでもフィットするようにする
    - スタイル・トランスファー
    - マーク・ザッカーバーグがこういうことを提案している
    - Robroxでこれをやっている事例がある
    - 同じTシャツをいろいろな形のキャラクターが着れるようにしている
    - 科学論文、ロケットの風力特性、エアロダイナミクスをヒントにしているとのこと

Comment

memofleet

  • 2022-05-16 Mon.

アクティブVSパッシブがメタバース構築の難易度を表してると思いました。
別々の世界を連結させたときに起きる歪みをどう折り合いつけるか。
スタイル・トランスファーは面白そう。

メタバースの相互運用性の課題を考えてみる- Off Topic #113

Off Topic #113
Original : 2022-05-12 Thu.
memofleet : 2022-05-16 Mon.

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。