Off Topic #126
検索エンジンの王者Googleが強すぎる!競合を寄せ付けない鉄壁の戦略- Off Topic #126

2022-08-18 Thu.

このページは、ポッドキャスト番組Off Topicを個人的にまとめたページです。

Summary

  • 要点の箇条書き

    今回は勝てない意見をお送りします


    - 昔から検索エンジンの競合が出ては消えていく
    - Googleのシェアは90%以上
    - Amazonなど、特定のユースケースで他社のエンジンが使われることもある
    - 今回はGoogleに勝てない理由を扱う
    - 2021年
    - 売上$257B
    - 81%が広告
    - 149BがGoogle検索、Youtubeが$30B
    - GCPは7.5%
    - alphabetの内訳もGoogleとOthersで分けている
    - テクノロジーで勝ってきたのではなく、ビジネスモデルで勝ってきた
    - MicrosoftはIBMとの提携でシェアを取った
    - MS-DOSはもともとシアトルコンピュータプロダクツのもの

    グーグル検索の誕生


    - Googleは一番最初の検索エンジンではなかった

    グーグル売却する予定だった?!1億円の買収提案を断られた理由


    - Exciteに$1Mで売却オファーをしていた
    - NGの理由は、Google検索が良すぎた
    - 検索結果が良すぎて、Exciteポータルから離脱してしまうから
    - その後、アルタビスタやYahooに売却オファーをだしていた

    やっぱり買収させてェ… by Yahoo


    - 2002年に$1Bで買収オファーをかけたが、Googleは$5Bのカウンターを出した
    - いまや$257Bの売り上げを出す会社

    グーグル検索の強み


    - なぜ勝てたのか?
    - ポータルサイトの目的は、自社サイトに滞在してもらうこと
    - Googleの目的はちょっと違っていた

    検索エンジンに必要なもの


    - Webクローラー、インデクサ、アルゴリズム
    - 当時はサーバといえばオラクル社の3000ドルくらいのサーバが一般的だった
    - Googleは自社で150ドルくらいのサーバを用意した
    - できるだけ安くするため、自社管理にした
    - 頻繁に壊れたが、安いので買い換えられる
    - 安ければ同じコストでサーバ数が多く使える
    - 検索エンジンには大量のサーバが必要だった
    - 1998年の検索数は5万。5か月後には50万になった。
    - それだけサーバ数を増やした
    - よりよいプロダクトを作ればそれだけ多くの人が来てくれる
    - 多くの人が集まれば広告の売り上げが上がり、そのお金で新しいサーバを作る
    - この循環でスケールアップしていった

    Googleはいまだにデータセンタを自社開発している


    - ネットワーク機器も自社開発
    - 処理能力を上げることにかなりフォーカスしている
    - 同じ電力量で、効率的にデータ処理すればインフラコストが抑えられる
    - データセンタだけで$7Bのコストをかけている
    - 今年4月にも$750Mのデータセンタ投資をしている
    - データセンタを持っている会社はGoogle、Amazon、Microsoft
    - しかもGoogleは自社開発しているのでカスタマイズしている
    - Googleは海底に光ファイバーのネットワークを作っていて、Googleトラフィックの25%がこの光ファイバーを通っている
    - これらのハードウェアへの投資が積み重なっている
    - 他社がすぐに巻き返せない部分
    - 2008年 1兆ページ
    - 2015年 60兆ページ
    - インデクシングするページは増え続ける
    - 対応するサーバもかなり必要

    グーグル初期メンバーがいること


    - 創業時のメンバーがまだ残っている
    - スーザン・ウォジスキーさん
    - Google最初のオフィスはガレージだったが、そのガレージの持ち主はスーザンさん
    - 8番めの従業員 アーズさん
    - エンジニアのトップ
    - いまもデータセンターのインフラを担当している
    - Google検索はハードウェアが優位性だった

    アップルとグーグルの戦略の違い


    - Google検索はソフトウェア。ディストリビューションをとらないといけない
    - Appleはハードウェア・ファースト。そこからソフトウェアにいく
    - Googleの戦略は検索事業の隣接サービスを無償で提供すること
    - GoogleマップやChromeブラウザなど、本来有償でもおかしくないクオリティのサービスを無償提供している

    ソフトウェアからハードにいく難しさ


    - ChromeブックやAndroidスマホなど、ハードウェアでも成功している
    - これは、検索ビジネスの売り上げが高すぎるため、他社のビジネスモデルと比較しにくい

    - ブラウザ拡張機能の可能性
    - Appleストアにアプリをだすよりも、Chrome拡張機能をリリースするほうがいいかもしれない

    あだ名:アンドロイド


    - 2003年にアンディー・ルービン氏が売却した
    - アンディー氏はAppleで働いていた
    - ロボット好きのアンディーなのでアンドロイドというニックネームだった
    - Googleはマイクロソフト対抗を考えていた
    - PCを支配していたマイクロソフトが、スマホを出したら、と考えて、Androidを買収した
    - ハードウェアやOSを持てば、検索へのゲートウェイを持てるという考えだった
    - モバイルのOS市場の51.4%はandroid、そのデフォルト検索サービスはGoogle
    - Googleのandroidを搭載すると、レベニューがもらえる
    - Google検索を使えばお金がもらえる

    Googleマップの自社での無料提供・データ集めクレイジーだけど成功だった件


    - 初期は地図データを他社から提供されていた
    - 地図APIを作りたかったが、ライセンス元がそれをやりたくなかった
    - Googleは2007年から自社のマップデータを作り始めた
    - そして、その地図データを無償で提供した
    - 当時、地図のナビデータはダウンロードあたり$100の有償提供だった
    - インターネット上、ディストリビューションすればフレームワークをコントロールできると理解した

    アップルとグーグルの関係☆


    - Appleはソフトウェアに投資して体験価値をあげることで、ハードウェアが売れた
    - Googleはその逆
    - プロダクトの良さというよりは、デフォルト、プリインストールされている状態をキープすることが重要。
    - iOSではGBoardを使えない、などAndroidではSiriを使えない、などの制限がある
    - GoogleとAppleのCEOは定期的に会うことにしている
    - 2005年にスティーブ・ジョブズとラリー・ペイジが提携をした
    - AppleのMACコンピュータのSafariのデフォルト検索エンジンをGoogleにする
    - 2021年だと$15BくらいをGoogleからAppleへ支払っている
    - 2014年は$1Bだった
    - 一度だけSiriの検索がBing検索になったことがあるが、Googleに戻った
    - Appleの利益の9%になっている
    - Googleはマイクロソフトが入らないようにしている
    - Mozzilaブラウザは、Googleから2006年$57Mもらっている
    - Firefoxのデフォルト検索エンジンはGoogle
    - 2020年 $465Mの売り上げのうち、86%はGoogle
    - Googleからすると、検索エンジンのシェアをとることが大事(92%)
    - Bing 3.2%
    - ヤンデックス 1.5%
    - ヤフー1.3%
    - バイドゥ0.8%

    Googleアナリティクスについて「that’s evil」


    - Googleアナリティクスを考えた二人がピッチしたとき、Google創業者はevilだといった
    - ユーザーのトラッキングをしたくない、問題になると考えた
    - 最終的には、よりよいユーザー体験を作る機能だとして説得し、製品化した

    参入障壁 Moat(堀)にすらたどり着けない鉄壁のグーグル城


    - データセンターとハードウェアがMoat
    - android、Chrome、Mapsで、Moatの周りの土地を燃やした
    - Moatにすら近づけないようにした
    - アイフォン、Firefoxのデフォルト検索エンジンはGoogleになっている
    - キャリアにお金を払ってまでこれを守っている
    - less than free 無料以下
    - 検索エンジン
    - Sony,Dell,HPがChromeOSにするとレベニューをもらえる
    - たとえば、ペプシがタダで、しかも飲んだら10円もらえる、となったらコカ・コーラはだれも飲まなくなる
    - それと同じことをやっている
    - Googleからレベニューを得ている会社
    - Apple、Mozzila、Samson、LG、AT&T、ベライゾン
    - 各売り場の棚を確保しているだけ
    - しかしこれは独占ではないのか?

    - でも、課題もあるゾ(次週へ続く…)

Comment

memofleet

  • 2022-08-27 Sat.

検索エンジンの仕組みにフォーカスしがちですが、ほんとうの優位性はハードウェアといわれると確かにそうですね。
今となっては他社が同じものを作れる気がしません。
そしてデフォルト検索エンジンをキープするための多額のコストに驚きました。

検索エンジンの王者Googleが強すぎる!競合を寄せ付けない鉄壁の戦略- Off Topic #126

Off Topic #126
Original : 2022-08-18 Thu.
memofleet : 2022-08-27 Sat.

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。