Off Topic #91
Web3とインターネットの進化- Off Topic #91

2021-11-25 Thu.

このページは、ポッドキャスト番組Off Topicを個人的にまとめたページです。

Summary

  • 要点の箇条書き
    Webには4つのフェーズがある
    Web1.0
    - 1993年、ポリシーの変化(インターネットの商業化・政府機関から民間企業へ)
    - オープンなプロトコル(http,smtp,)上にサービスが作られた。
    Web2.0前半
    - 読む体験だけではなく、書いたり、コーディングしたりできる
    Web2.0後半
    - 大手テック企業がマーケットシェアを拡大
    - GAFAの時代
    - インターネットがまるで昔のテレビみたいに、4つか5つの大手プラットフォームだけに集約されてきた
    Web3
    - そういう世界に住みたくない、という人たちが次の世界を作ろうとしていて、それがWeb3
    インターネット黎明期とWeb3黎明期
    - 新しいテクノロジーが生まれた時、それはどうしてもショボく見える
    - 世界で一番頭のいいひとたちが週末何やっているかが、10年後、20年後メインストリーム化される
    - パソコン、コンピュータも、昔ホームブルーコンピュータクラブっていうのがあって、趣味でパソコンオタクが集まってた時代があった
    インターネットにアクセスするために何十ステップもあったが、今やそれが普及した
    - AIやVRでも今それが起きているタイミングで、これからもしかしたら来るのがクリプト
    - スタートアップやVCの視点からすると、最終的にはこういうテクノロジーが来ると思っている
    - タイミングを読むのは重要で、今入るべきか来年か5年後かによって、成功失敗が決まる
    Web3とWeb2の違い
    - Web3は信頼できるニュートラルなプラットフォームをつくれる場所
    Web2.0の課題はどこにあるか?
    - 会社とネットワークの相性がマッチしなかった
    - ほとんどの会社には株主がいて、株主は利益向上を求める
    - 利益の最大化とネットワークの健康は矛盾するタイミングがある
    Web3
    - ユーザーが所有権をもつインターネット
    - それを可能にするのがトークンという概念
    - いままでのインターネットはほとんどが「レンタル」だった
    - ツイート、イイね、フォロワー、すべてプラットフォームから「レンタル」していただけ
    - ユーザーのものではない
    誰が中心にいるかが変わる
    - Web2.0はプラットフォームが中心にいて、ユーサーにレンタルする。
    - Web3はユーサーが中心にいて、オーナーシップを持つ
    重要なのはスイッチングが可能になること。
    - もし、Openseaが不正をするようなことがあれば、ユーザーはOpenseaからデジタルウォレットを外して、ほかのマーケットへ接続すればよいだけ。
    今は、Web2.0のツールがみんな持っている上で、起業してグローバルで戦える時代。
    アメリカと同時に、インドでもアジアでもアフリカでも創り出すことができる。
    だからこそ、日本でもそういう会社が出てくるべき。

Comment

memofleet

  • 2022-05-02 Mon.

Off Topic 91のまとめです。
終盤のWeb3の概念については、考え方のポイントが網羅されていますが
インフォグラフィックにし切れていない部分があるので
ポッドキャストを聞いてみてください。

Web3とインターネットの進化- Off Topic #91

Off Topic #91
Original : 2021-11-25 Thu.
memofleet : 2022-05-02 Mon.

navigation
Off Topic
Bytes
Memo
Privacy Policy

Twitter @memofleet
memofleetはWeb、ITトレンドなどをメモるWebサイトです。 最近はpodcastをよく聴いてます。